ムーモ(moomo) 効果的な使い方

MENU

ムーモ(moomo)の効果的な使い方を知っておこう!

ムーモ(moomo)の効果的な使い方とは!

ムーモ(moomo)は自宅にいながら簡単にエステのような除毛ケアができると話題になっています。そんなムーモ(moomo)の効果的な使い方というのはあるのでしょうか?せっかくムーモ(moomo)を使うのならばなるべく効果的な使い方で使いたいですよね。ムーモ(moomo)の効果的な使い方を調べてみました。

 

ムーモ(moomo)の基本的な使い方

ムーモ(moomo)の基本的な使い方をご紹介しましょう。

 

まず、乾いたお肌にムーモ(moomo)を塗りましょう。そして、そのまま5分放置します。ティッシュでクリームをふき取りましょう。シャワーできれいに洗い流して終わりです。

 

ムーモ(moomo)を塗る際には手に取るよりも、チューブからクリームを直接ムダ毛の部分に塗ると衛生的です。クリームが余計な部分に付くのも防ぐことができます。

 

クリームはティッシュでふき取るとうまくふき取れない場合もあるので、タオルでふきとるのもおすすめです。

ムーモ(moomo)の効果的な使い方

ムーモ(moomo)の効果的な使い方というのは、毛が長いところは短くハサミなどでカットしてからムーモ(moomo)を塗るようにしましょう。また、毛が多い部分にはある程度シェーバーで先に処理をしてから仕上げにムーモ(moomo)を使いましょう。

 

ムダ毛が濃い部分というのは、それだけたくさんのクリームを塗る必要があります。クリームは根本まで届きにくいので、ムダ毛を処理する効率が悪くなります。

 

ムーモ(moomo)を使うおすすめのタイミングというのは特に決まっていません。なるべく毛穴が開いている時に使うのがおすすめです。毛穴が開いていると、除毛の成分が毛根にまで届きやすくなるためです。

 

入浴後には体が温まっているので、体の水分をきちんとふき取ってから、ムーモ(moomo)を使うのが効果的です。再度、シャワーでクリームを洗い流しましょう。

 

しかし、身体を温めすぎると汗をかいて、除毛成分の威力が低下してしまいます。適度に毛穴が開くくらいがベストです。

 

蒸しタオルなら、34度から36度くらいで、熱さをあまり感じないくらいがベストです。体を温める時間も3分くらいあれば十分です。

 

ムーモ(moomo)を使う時の注意点は、ムーモ(moomo)を使う前には余分な皮脂や汚れを落としておきましょう。なるべく清潔な状態で使いましょう。お肌の表面が汚れていると、除毛成分が毛穴やムダ毛に浸透しにくいです。そのため、除毛効果が弱まってしまうのです。

 

ムーモ(moomo)というのは、ムダ毛や毛根に浸透すると、ムダ毛を分解して除毛していきます。ムーモ(moomo)を塗る前にはボディタオルなどで皮脂や汚れをとりましょう。

 

ムーモ(moomo)を塗ってから放置する時間は5分くらいにしましょう。早くムダ毛をなくしたいからといって、放置時間を伸ばすのは絶対にやめましょう。

 

ムーモ(moomo)には、タンパク質を分解する働きがあります。長時間放置しておくと、お肌の大切な皮脂だったり、皮膚の表面までも溶かしてしまう恐れがありますので、長時間放置するのはやめてください。

 

ムーモ(moomo)を同じ所に使用する場合には、3日間から1週間くらい間隔を空けましょう。お肌を休ませて使用しましょう。